マツダ アテンザがフルモデルチェンジ 2008年1月登場

新型アテンザ画像マツダ アテンザの新型モデルについては第62回フランクフルトショーにMAZDA6が出展されたこともあり、早くからそのフォルムを知ることができました。
日本国内では2007年開催の第40回東京モーターショーに出展され、ボディサイズやエンジンなどその全貌が明らかになりました。
マツダ アテンザは今回のモデルチェンジにより、ボディサイズの大型化が図られます。
新型アテンザのラインナップは3タイプ用意されますが、そのうち4ドアセダンと5ドアハッチバック(スポーツ)は同じボディサイズで、全長4735mm、全幅1795mm、全高1440mmとなります。
現行モデルのボディサイズと比べると全長が60mm長く、全幅が15mm広く、全高が10mm高くなっており、これまで以上のゆったりとした室内スペースが実現されたようです。
またスポーツワゴンタイプのボディサイズは更にひとまわり大きく、全長4765mm、全幅1795mm、全高1450mmとなっています。
ちなみにMAZDA6が発表された時点では日本国内仕様の対象はセダンとワゴンのみとの情報がありましたが、ハッチバックも含むすべてのバリエーションが発売されることとなったようです。
新型アテンザのエンジンはこれまでの2.3リッターに代わり、排気量をアップした新開発の2.5リッターエンジンが搭載されるとのことです。
パワーについては最高出力が170PSということで現行モデルの178PSよりもダウンしていますが、最大トルクについては23.0kgmへと向上し、更にレギュラーガソリン仕様としたうえ、燃費性能も向上しているそうです。
その他、新型アテンザには初代モデルから継承した2.0リッターエンジンも用意され、こちらは最高出力150PS、最大トルク18.6kgmで現行モデルと同様のスペックになっています。
なお新型アテンザのデビュー予定日は2008年1月29日で、価格についてはタイプにより若干異なりますが240万円前後と予想されています。

面倒な入力項目が最も少ない無料査定。簡単に愛車買取価格がわかります。
カンタンな入力で愛車の概算価格をお知らせ!

複数の業者に査定依頼。なぜ下取りよりも買取店のほうが高く売れるのか?
下取りよりも絶対お得な一括査定

車種別ブログリンク
新車情報スクープ【NEW MODEL CAR SCOOP】