トヨタ イストがモデルチェンジ 2007年7月登場

トヨタ イストがモデルチェンジを図り、2007年7月30日に登場します。
トヨタ イストはヴィッツをベースに「個性派SUV風コンパクト」として2002年に登場しましたが、今回のモデルチェンジで新型イストは更にワンランク上のコンパクトに進化するようです。
新型イストのボディサイズについてですが、全長は現行イストと同様に4m以下に抑えてあるのに対し、全幅は1725mmという3ナンバー規格のワイドボディを採用しているため、どっしりとした安定感のあるフォルムになっています。
トヨタ イストのプラットフォームは、これまでヴィッツをベースにしていましたが、新型イストではカローラ系へと上級移行するようです。
ワンランク上のコンパクトを目指す新型イストは見た目の印象だけでなく、室内のインテリアにも斬新なアイデアを取り入れて進化しています。
現行イストはヴィッツと同様のセンターメーターでしたが、新型イストでは通常位置に変更されるそうです。
スピードメーターとタコメーターが同軸に配置されたデザインもなかなか新鮮で、レーダーをイメージしたような新デザインのコンセントリックメーターを採用しています。
メーター内には総走行距離,トリップのほか、平均燃費や瞬間燃費などが表示されるマルチインフォメーションディスプレイが装備されています。
新型イストの装備面については全車にオプティトロンメーターやフルオートエアコンが、上級グレード車にはスマートエントリー&スタートシステムなどが装備されます。
新型イストのエンジンは1.5リッターと1.8リッターの直4DOHCが用意され、1.5リッター車はカローラ系と同じ1NZ-FEが搭載されます。
また1.8リッター車にはオーリスなどに搭載されている2ZR-FEが設定され、トランスミッションは4速ATが組み合わされます。

面倒な入力項目が最も少ない無料査定。簡単に愛車買取価格がわかります。
カンタンな入力で愛車の概算価格をお知らせ!

複数の業者に査定依頼。なぜ下取りよりも買取店のほうが高く売れるのか?
下取りよりも絶対お得な一括査定

車種別ブログリンク
新車情報スクープ【NEW MODEL CAR SCOOP】