スバル インプレッサがモデルチェンジ 2007年6月登場

スバル インプレッサの3代目となる新型モデルが2007年6月5日に登場します。
スバル インプレッサは、これまで4ドアが主体でしたが、新型インプレッサは5アを中心に展開していくようです。
既に北米では姿を現している4ドアセダンは遅れてデビューすることとなり、発表時期は2007年10月が予定されています。
新型インプレッサは、4ドアセダン登場までの間、5ドアモデル一本で勝負していくようです。
新型インプレッサのボディサイズは全長4415mm、全幅1740mm、全高1475mmでホイールベースは2620mmということです。
現行インプレッサのホイールベースは2525mmであるため、新型インプレッサは95mm伸ばされることとなります。
このホイールベースの長さについては、WRCを重視して決定したようです。
新型インプレッサはロングホイールベース化されることで、室内の居住性も大きく改善されるとのことです。
前後の座席間は現行モデルに比べ65mm広い927mmとなり、リアシートのレッグスペースはワンクラス上の感覚となるようです。
新型インプレッサの価格は現行モデルから大幅な引き上げはないようで、S-GTが250万円程度、20Sが200万円程度、15Sが150万円程度と予想されています。

面倒な入力項目が最も少ない無料査定。簡単に愛車買取価格がわかります。
カンタンな入力で愛車の概算価格をお知らせ!

複数の業者に査定依頼。なぜ下取りよりも買取店のほうが高く売れるのか?
下取りよりも絶対お得な一括査定

車種別ブログリンク
新車情報スクープ【NEW MODEL CAR SCOOP】