日産プレサージュが一部改良 2007年6月登場

日産プレサージュが一部改良により、最新式のカーナビを搭載し利便性のアップを図るようです。
プレサージュの今回の改良では機能性、操作性などの基本的な性能が向上したHDD方式のカーウイングスナビゲーションシステムをメーカオプションで設定するそうです。
更に新開発のBluetooth対応オーディオ機能が搭載されるということで、専用のアダプターを使用することによってワイヤレスでiPodに録音した音楽を聴くことが可能となります。
エクステリアについては250XGと250XLのフロントグリル、フロントバンパーのデザインが変更されて、よりダイナミックなフォルムとなるようです。
その他、今回の一部改良に伴って人気の「250ハイウェイスターJ」をグレードとして追加設定し、車種体系についても見直しが行われるということです。
日産プレサージュ一部改良モデルの価格は2WD車が245.7万円~304.5万円、4WD車が275.1万円~300.3万円、発売は6月7日が予定されています。
また日産関連会社のオーテックジャパンは、プレサージュの一部改良モデルをベースに、ライダーシリーズ、ライフケアビークル(福祉車両)「アンシャンテ」を継続設定し同時に発売するようです。
プレサージュライダーシリーズは、エクステリア、インテリアをスタイリッシュにコーディネートしたカスタムモデルで、「ライダーS」は専用スポーティサスペンションなどによって、さらにスポーティな仕様としたモデルです。
プレサージュアンシャンテは昇降シートの装着によって、車への乗降が容易にできる車両です。
従来モデルと同様にセカンドスライドアップシート(昇降シート車)と助手席スライドアップシート(昇降シート車)が用意されるとのことです。

面倒な入力項目が最も少ない無料査定。簡単に愛車買取価格がわかります。
カンタンな入力で愛車の概算価格をお知らせ!

複数の業者に査定依頼。なぜ下取りよりも買取店のほうが高く売れるのか?
下取りよりも絶対お得な一括査定

車種別ブログリンク
新車情報スクープ【NEW MODEL CAR SCOOP】