スズキ スイフトがマイナーチェンジ 2007年5月登場

スズキ スイフトが登場してから2年半ほど経ちますが、今回初めてのマイナーチェンジを図り、2007年5月24日に登場するようです。
スイフトスポーツについての外観の変更は、ドアミラーターンランプが付くということのみだそうです。
ただし走りに関する改良は大きいようで、5MT車のエンジンのレッドゾーンは旧モデルから400回転アップさせた7200回転に設定されるとのことです。
ギア比についても変更され、1~2速をクロスレシオ化、ファイナルをローギヤード化することによって加速性能が向上されます。
また横滑り抑制システムのESPが標準装備となり、スイフトスポーツの走りが、より一層楽しく安全になるようです。
一方標準タイプのスイフトについては、フロントグリルやフロント&リヤバンパーをボリュームアップさせた形状とし、立体感を演出したフォルムとなります。
フロントバンパーの形状を変更することにより、全長は現行モデルよりも35mm長くなるようです。
スズキ スイフトの今回のマイナーチェンジで最も注目すべき点は、1.2リッターの新開発エンジンが搭載されることです。
ミッションも新たに開発されたCVTを組み合わせて、1.3リッターエンジンと同等の性能を持ちながら、リッター20.5kmという低燃費も実現するそうです。
新型スイフトの価格は標準タイプが120万円程度、スポーツタイプが160万円程度と予想されています。

面倒な入力項目が最も少ない無料査定。簡単に愛車買取価格がわかります。
カンタンな入力で愛車の概算価格をお知らせ!

複数の業者に査定依頼。なぜ下取りよりも買取店のほうが高く売れるのか?
下取りよりも絶対お得な一括査定

車種別ブログリンク
新車情報スクープ【NEW MODEL CAR SCOOP】