ホンダ ステップワゴンがマイナーチェンジ 2007年11月登場

ホンダ ステップワゴンがマイナーチェンジを図り、これと同時に新グレード「スパーダ」の設定が決定したようです。
ホンダ ステップワゴンといえば室内の広さや低床パッケージによる走りがユーザーに好評のようですが、今回実施されるマイナーチェンジでは質感のアップが図られるようです。
トップライトルーフについては解放感が更にアップされ、5ナンバー規格車では唯一となるキャプテンシートもメーカーオプションで新設定されるということです。
ホンダ ステップワゴンのトップライトルーフは外からの自然光が程良く調整され、天井から柔らかい光が室内に射しこんでくるもので、更なる解放感のアップによりインテリアのテーマである「家族の部屋」がより一層上質なものとなるようです。
今回設定されることになった新グレードのスパーダは専用エアロを装備したモデルであり、先代のステップワゴンにも追加設定されていたものでした。
スパーダは2.4リッター車をベースとしてスポーツサスペンションを装備しており、内外装についてはアグレッシブな仕上がりとなるようです。
ホンダ ステップワゴン スパーダの装備等に関する主な内容としては、専用のアルミ調パネルやダークメタル調センターパネル、足回りにはスパーダ専用にデザインされた16インチアルミが標準装備されるそうです。
またフロントはスポーティなイメージのマスクを採用しており、バンパーは低重心を協調したワイドタイプとなります。
リヤまわりについてはルーフエンドに大型のテールゲートスポイラーが装着されるということです。
ホンダ ステップワゴンのマイナーチェンジモデルは、2007年11月1日の発表が予定されています。

面倒な入力項目が最も少ない無料査定。簡単に愛車買取価格がわかります。
カンタンな入力で愛車の概算価格をお知らせ!

複数の業者に査定依頼。なぜ下取りよりも買取店のほうが高く売れるのか?
下取りよりも絶対お得な一括査定

車種別ブログリンク
新車情報スクープ【NEW MODEL CAR SCOOP】