マツダ ロードスターに特別仕様車 2007年10月登場

マツダ ロードスターにブラック本革シートやBBS社製アルミホイールなどの上級装備を採用した特別仕様車「プレステージエディション」が登場します。
今回発売されるロードスター プレステージエディションは、電動ルーフシステムを装備したロードスター・パワーリトラクタブルハードトップ(RHT)の上級機種となる「RS RHT」および「VS RHT」をベースに最上級の仕立てを施したモデルです。
主な内容としては、シートヒーター付本革製バケットシートやBBS社製鍛造17インチアルミホイール、ステンレス製スカッフプレート、フロントフォグランプなどを特別装備し、マツダ ロードスターの最上級車にふさわしい仕様となります。
また運転席のラチェットレバー式シートリフターは、シート高を上方向へ3cmの調節が可能となるほか、6AT車ではカウル結合タイプのフロントサスタワーバーと横滑り防止機構が特別装備として追加されるそうです。
その他ロードスター プレステージエディションのボディカラーはベースモデルと同様に7色が用意されるということです。
ロードスター プレステージエディションの発売は10月1日で、車両本体価格は6MT車が295万円、6AT車が305万円となっており、受注生産にて販売されるとのことです。
なお、プレステージエディションの発売と同時に、ロードスターRHTの標準モデルにプレステージエディションと同一仕様の運転席ラチェットレバー式シートリフターがメーカーオプションで設定されるそうです。
販売は全国のマツダ系およびマツダ アンフィニ系販売店での取扱いとなります。

面倒な入力項目が最も少ない無料査定。簡単に愛車買取価格がわかります。
カンタンな入力で愛車の概算価格をお知らせ!

複数の業者に査定依頼。なぜ下取りよりも買取店のほうが高く売れるのか?
下取りよりも絶対お得な一括査定

車種別ブログリンク
新車情報スクープ【NEW MODEL CAR SCOOP】