日産スカイライン クーペがモデルチェンジ 2007年10月登場

日産スカイライン クーペがモデルチェンジで登場します。
新型スカイライン クーペのデビュー時期については9月あるいは10月との情報が錯綜しており確定はできないのですが、いずれにしてもインフィニティG37クーペの発売後となるでしょう。
新型スカイライン クーペに搭載されるエンジンは、最高出力330PS、最大トルク37.3kgmを発揮する3.7リッターV6DOHCのVQ37VHR型が設定されるそうです。
このエンジンはV36スカイライン セダンに搭載されている3.5リッターV6をベースにしたものですが、油圧式連続可変バルブタイミング機構と電動連続可変バルブリフト機構を組み込んだ「VVEL」と呼ばれる日産初の連続可変バルブタイミング&リフト機構が採用されています。
新型スカイライン クーペのボディサイズについては全長4650mm、全幅1824mm、全高1392mmとなっています(現状では情報により若干数値が異なっています)。
G35クーペに比べて全長・全幅ともに少しずつ大きくなるようですが、ホイールベースについては新型G35セダンや現行クーペと同様に2850mmとなっています。
新型スカイラインクーペに採用されるプラットフォームは既に発売されているG35セダンと同様のFMプラットフォームですが、トレッドが30mm広げられているようです。
今年はスカイライン生誕50周年ということもあり記念イベントなども開催されていますが、いよいよこの秋には、より流麗でエレガントなスタイルとなった新型スカイライン クーペが登場します。

面倒な入力項目が最も少ない無料査定。簡単に愛車買取価格がわかります。
カンタンな入力で愛車の概算価格をお知らせ!

複数の業者に査定依頼。なぜ下取りよりも買取店のほうが高く売れるのか?
下取りよりも絶対お得な一括査定

車種別ブログリンク
新車情報スクープ【NEW MODEL CAR SCOOP】