トヨタ カローラ ルミオン 2007年10月登場

トヨタの新型車カローラ ルミオンが、いよいよ2007年10月9日に登場します。
カローラ ルミオンは北米で販売されているサイオンxBの日本国内仕様版ということですが、カローラ スパシオの後継車となるようです。
更に、正式な名称が公開されるまではデカbBという仮称で呼ばれていたりと、ちょっとややこしい車となった印象があります。
カローラ ルミオンはデカbBと呼ばれていただけあって、ボディは全長4210mm、全幅1760mm、全高1630mmの3ナンバー規格サイズで、室内空間もかなり余裕のあるものになっているようです。
カローラ ルミオンに搭載されるエンジンは1.5リッターと1.8リッターの直4DOHCの2種類で、最高出力はそれぞれ110PS、136PSを発揮します。
また10・15モード燃費については1.5リッター車が16.2km/L、1.8リッター車が15.4km/Lとなっています。
カローラ ルミオンの装備面については、全車標準でサイドエアバッグとカーテンシールドエアバッグが装備されるほか、オーディオ関係についてはベーシックグレードを除き9スピーカーを標準装備としているようです。
なおカローラ ルミオンはスパシオの後継車として登場するわけですが、3列シートではなく2列シートが採用されるようです。

面倒な入力項目が最も少ない無料査定。簡単に愛車買取価格がわかります。
カンタンな入力で愛車の概算価格をお知らせ!

複数の業者に査定依頼。なぜ下取りよりも買取店のほうが高く売れるのか?
下取りよりも絶対お得な一括査定

車種別ブログリンク
新車情報スクープ【NEW MODEL CAR SCOOP】