レクサス新車情報の記事

 レクサスブランドが日本国内に導入されてから丸2年が経ちますが、最初にデビューを飾ったレクサスGSが、いよいよ2007年秋に初のビッグチェンジを図ります。
レクサスGSは今回のマイナーチェンジによって内装・外装のリフレッシュや更なる高級化を目指すのはもちろんですが、走行性の優れた高級車というアピールをより強く打ち出してくるようです。
レクサスGSは機能面での熟成の成果を大きく反映し、GS430に代わってLSと共通の4.6リッターV8を搭載したGS460が導入されるそうです。
このエンジンのパワーは最高出力342PSを発揮し、ミッションは8速ATになるということです。
レクサスGSのスタイリングについては全体的なフォルムこそ現行モデルと比べて大きな変化は見られませんが、ディティールのリファインによって、これまで以上に精悍さと存在感が強くなった印象があります。
例えばレクサスのアイデンティティともいえるアローヘッドグリルとハイビームを融合し、アンダーバンパーの形状もダイナミックに進化します。
またリヤバンパーについては下端に反りを入れて、視覚的な重心の低さを与える造形へと変更されています。
レクサスの個性的とも言える金属質のメーターは質感を向上し、更に立体感を強調したデザインとなります。
その他コンソールボックス内にはiPodなどの接続が可能なAUX端子を新設するなど、細部に渡ってリフレッシュされるようです。

レクサスIS-F画像 レクサスISに5.0リッターV8エンジンを搭載したハイパフォーマンスモデルのIS-Fが登場します。
レクサスはIS-Fの開発にあたり、世界のサーキットや公道等で徹底的な走りこみを実施したそうです。
レクサスIS-Fのキーワード記号となる「F」。
これは、トヨタ・レクサスのテストコースがある東富士研究所の「F」であり、富士スピードウェイの「F」でもあるということです。レクサスIS-Fのエンジン「2UR-GSE」は、LS600hにも搭載されている5.0リッターV8の「2UR-FSE」をベースに、ヘッド周りを専用開発したものとなっています。
新たな吸気システムであるデュアルインテークシステムを採用し、3600回転以下ではスムーズなトルクを、それ以上では高出力化に必要となる大量の空気量を確保し、迫力ある排気音とパワーを得ることができるようです。
トランスミッションは8速ATが組み合わされ、通常のDレンジに加えてサーキット走行も想定したMポジションというマニュアルモードを備えているとのことです。
またステアリングに装着されるパドルシフトのサイズについては、ISよりも拡大されて操作性を高めています。
エクステリアはレクサスIS-F独自の迫力を感じさせるものとなっており、ワイド化されたフェンダーやボリューム感のあるエンジンフードなどパワフルなスタイリングを実現しています。
ボディカラーは全6色を設定し、テーマカラーはサファイアをイメージした「エクシードブルーメタリック」という新色だそうです。
レクサスIS-Fの価格は766万円、デビューは2007年10月4日が予定されています。
レクサスLS600hの発表予定時期が2007年5月となりました。
レクサスLS600hの発表は当初3月~4月頃という予定でしたが、開発の都合上2ヶ月遅れて発表となるようです。
レクサスLS600hの開発コンセプトは「すべての常識を一瞬にして抜き去り、唯一の存在であり続ける」というものだそうです。
エクステリアについては既にモーターショーなどで公開されていますが、画像等からでもレクサスLS600hが発する強烈なオーラが伝わってくるほどです。
レクサスLS600hのエンジンは、LS460に搭載される4.6リッターのV8をベースにロングストローク化された2UR-FSEが搭載されるとのことです。
このエンジンは最高出力394PS、最大トルク30.6kgmというパワーを発揮する一方で、LS460以上の低振動、低騒音に仕上げられているそうです。
LS460との違いを大きくアピールするのが世界発採用となるLEDヘッドライトで、太陽光に近いため夜間の走行でも安心な上、ステアリングの舵角・車速に応じロービームの照射軸を車両が到達するポイントに自動的に向けるインテリジェントAFSが組み合わされます。
またレクサスLS600hは6リッター車に匹敵するほどの動力性能を持つとともに、3リッター車並みの低燃費を実現するということで、10・15モード燃費はリッター12.2kmをマークするそうです。
今回の発表では標準ボディのレクサスLS600hとともにロングホイールベースの600hLも登場しますが、現在の予想価格は950万円~1500万円となっています。

面倒な入力項目が最も少ない無料査定。簡単に愛車買取価格がわかります。
カンタンな入力で愛車の概算価格をお知らせ!

複数の業者に査定依頼。なぜ下取りよりも買取店のほうが高く売れるのか?
下取りよりも絶対お得な一括査定

| 1 |
車種別ブログリンク
新車情報スクープ【NEW MODEL CAR SCOOP】