日産新車情報の記事

日産デュアリスがいよいよ発売となります。
発売予定日は2007年5月23日ということですが、ほぼ確定のようです。
デュアリスの詳細情報や画像等も、自動車情報誌や自動車専門サイトで少しづつです入手できるようになってきました。
既に欧州ではキャシュカイの名称で販売されていますが、デュアリスはその日本国内仕様車だそうです。
日産デュアリスは今や高い人気を誇るSUV車ですが、実は純粋なSUVではないようで、どうやらハッチバックと融合したクロスオーバーカーだということです。
デュアリスのデザインは日産のヨーロッパスタジオにおいて開発され、生産も英国のサンダーランド工場で行われるという、まさに欧州育ちです。
デュアリスの全高は1615mmで、SUV車としては若干低いようですが、それがデュアリスのスタイリッシュなフォルムを形付けています。
また日産デュアリスの室内インテリアは、シンプルな中にも上質感を併せ持つとともにスポーティ感も演出しています。
デュアリスの快適さを演出する装備のうち最も注目すべきは、上級グレードの20Gに標準装備となるガラスルーフでしょう。
サンルーフに比べて大きめな開口部はプライバシーガラスで、UVカット機能も付いてるそうです。
なお英国で生産される日産デュアリスは、国内同様に厳しい品質基準をクリアした後に出荷されることになります。
このような理由もあって、VDCを付けると受注生産のため約3ヶ月の納期になるようです。
欧州生まれの新しいSUV、日産デュアリスの予想価格は200万円~250万円と言われています。
日産ラフェスタが位置するステーションワゴン型Mクラスミニバン市場は、他メーカーライバル車にも強豪が多い、いわゆる激戦区です。
日産ラフェスタは親しみやすさと運転のしやすさを売りにした車というイメージがありますが、ライバル車達に比べるとスタイル・質感に強みが欠けているという声もあります。
そんな中、今回のマイナーチェンジではマスクを一新し、現行モデルのかわいい系から存在感のある顔へとイメージチェンジします。
室内インテリアについても質感を向上させ、1~2列目のヘッドレストもサイズアップし、くつろげる室内空間を演出してくれるようです。
ただし、これまでラフェスタが持っていた乗りやすさや明るさについてはそのまま残されており、あくまでも激戦区を闘い抜くための質感と存在感のアップといった印象があります。
メーターパネルはメッキリング付きとなって、視認性・質感がともに向上したものとなるようです。
また液晶表示のマルチインフォメーションメーターも加わり、メーカーオプションのナビをHDD化するなど、ディテールに関してのグレードアップも図られるそうです。
ラフェスタの魅力とも言えるクラス最小の回転半径や正確なハンドリングなど、これまで持っていた本来の長所は変わらないようです。

面倒な入力項目が最も少ない無料査定。簡単に愛車買取価格がわかります。
カンタンな入力で愛車の概算価格をお知らせ!

複数の業者に査定依頼。なぜ下取りよりも買取店のほうが高く売れるのか?
下取りよりも絶対お得な一括査定

<< pre | 1 | 2 | 3 | 4 |
車種別ブログリンク
新車情報スクープ【NEW MODEL CAR SCOOP】